全身脱毛サロンは友人と一緒に

学生時代、同じ部活をやっていた友人は、今でも何かと私に張り合ってくるんですよ。

当時からレギュラーを争った間柄なので、習性となっているのかもしれませんね。

普段は仲良く付き合っているんですけど、ゲームセンターへ行ったり、ボーリングへ行ったりして、ちょっとした勝負事となると、すぐ瞳の中を燃え上がらせる彼女なんです。

そんな彼女と、このあいだ、金沢のショッピングセンターで買い物ついでにランチしていたとき、ふと全身脱毛サロンの全身全身脱毛に行こうと思っていることを話しました。

そうしたら、彼女の目がきらんと輝いて、私も、なんて言うんです。

私も行こうと思って今、全身脱毛サロンを探してるんだ、と言うのです。

そして更に、どっちがいい全身脱毛サロンに行けるか競争ね、などと言い始めました。

えー、と心の中でびっくり。

別にそこは競争する必要ないんじゃないでしょうか。

きっと彼女、私だけが先に全身脱毛するのが悔しかったに違いありません。

私だって既に、金沢の全身脱毛を比較してて、だいだい行きたいと思う全身脱毛サロンの見当はつけているのですが。

その上、友人と一緒に行くとお互いに割引があるんですが。

そのことをいつ言い出そうかな、とずっと迷っています。

ムダ毛の処理に毛抜きを選ぶ理由とは…

家でムダ毛を処理するときはカミソリを使うことが多いようですが、毛抜きを使う人も少なくないんですよ。

カミソリの方が簡単に広範囲の処理ができて痛みもないのに、どうして毛抜きを使うんでしょうか?

その理由は、仕上がりがきれいだからなんです。

カミソリで剃ると肌の表面だけがきれいになりますが、黒い点々が残るので見た目がイマイチなんです。

また、次の日には生えてくるので頻繁にムダ毛を処理しなければいけません。

それに比べて、毛抜きはムダ毛を抜くので黒い点々が見えませんし、生えてくるまでの時間が長いのできれいな状態が続きます。

抜くときの痛みはありますが、なれてしまうと平気なんです。

きれいになるためには少しぐらいの痛みは辛抱しますよね。

となると、カミソリより毛抜きがいいように思いますが、ちょっと待ってください!

肌に対する負担が違います。

無理にムダ毛を抜くことで、埋もれ毛や毛包炎などになることがあります。

また、毛穴が開きバイキンが入ることもあるんですよ。

毛抜きは肌に大きな刺激を与えるという負担をかけています。

なので、デメリットは毛抜きの方が大きいのでおすすめできない方法になります。

もし、肌トラブルで困ったら松戸で脱毛の人気ランキングのサイトを参考にしてくださいね。

埋もれ毛の原因を教えて!

長い間、脱毛していると色んな肌トラブルを起こしますよね!

肌に黒ずみができたり、ガサガサになってきたり、そして埋もれ毛も肌トラブルの一つです。

この中でも埋もれ毛が一番厄介な肌トラブルですが、悩んでいる人も多いんですよ。

埋もれ毛は、皮膚の下で黒いごまのように見えています。

こうなってしまうと、カミソリで剃っても取りようがありません。

まず、埋もれ毛の原因は2つあるんです。

1つは、自己処理で肌に負担をかけた場合に角質がぶ厚くなってきます。

安全カミソリやワックス・毛抜きなどで肌が刺激をうけた場合に起こります。

2つめは、ムダ毛が途中で切れてしまうことなんです。

切れてしまったムダ毛が毛穴ではなく別のところに伸びてしまった状態なんです。

ムダ毛の自己処理は肌に負担をかけることが多く、埋もれ毛ができやすくなるということです。

なので、埋もれ毛を防ぐためには、肌にかかる負担を減らすことです。

例えば毎日脱毛しているなら、2日に1回に減らします。

そして、脱毛後にムダ毛が残っていても気にしないことも必要になってきます。

同じ部分を何度も脱毛すれば、肌に大きな刺激を与えることになるんですよ。

他にも脱毛のことが知りたい人は、松戸で人気の全身脱毛のサロンのサイトをみてください。

絶対にやってはいけない間違った毛穴ケアについて

鏡を見てみると、黒ずんだ毛穴がポツポツとあると、何とかケアをして毛穴を目立たなくしたい、と考えますよね。

でも、あなたのそのケア、間違ってはいませんか?

毛穴の黒ずみを解消したい、と、良かれと思ってケアをしていたその方法自体が間違っている、ということがあります。

間違ったケアを続けていると、毛穴の広がりや黒ずみをますます助長してしまうことになってしまいます。

「やってはいけない毛穴ケア」「避けたほうが良いケア」というのは、どんなものがあるのでしょうか?

まず、毛穴ケアの中で一番行ってはいけないのが「爪などで毛穴から角栓を押し出す」ということ。

酸化し、硬くなった角栓は、確かに指や爪などで押し出すことが出来ます。

角栓を押し出すグッズなども販売されていますよね。

しかし、毛穴を押し出す際、毛穴や毛穴周辺を傷つけてしまうと、炎症を起こす可能性があります。

細菌によってニキビが起こり、それが潰れるとニキビがクレーター痕に残ってしまいかねません。

毛穴に角栓が詰まってしまった時は、オイルクレンジングによって角栓を溶かして出したり、

ピーリングを利用して角栓の汚れを取る、ということを試してみましょう。

また、毛穴をケアする際、角栓を簡単に取る、という意味で毛穴用の貼るパックを使うことがありますが、毎日使用すると、却って毛穴を広げてしまう恐れがあります。

小鼻用のパックは、剥がす際に角質も取ってしまうので、何度も使用をしているとお肌が荒れてしまいます。

お肌に必要な油分も取り過ぎてしまうので、肌が「油分が足りない」と勘違いをして、過剰に皮脂を分泌してしまうことも…。

毛穴パックは、使用をする場合は月に1度、程度にとどめておきましょう。

最後に、顔を洗う場合は、お肌をこすらないこと。

お肌をこすることで、毛穴が広がってしまいます。

また、こすることで毛穴の汚れが奥に押し込まれてしまう、ということもあります。

毛穴のケアのためにも、洗う場合は、石鹸や洗顔フォームをよく泡立てて、ふわふわの泡で優しく洗うようにしましょう。

勿論、すすぎの時もこすらない。

これで、きっと毛穴ケアはうまくいくと思います。

毛穴に優しいケアを心掛けて、日々自分のお肌をお手入れしてみましょう!

蒸しタオル美容法で毛穴の汚れを除去しよう

毛穴の汚れを取り除く方法は様々にあるのですが、リラックスしながら、すっきりと毛穴の汚れを落とす方法がある、というのはご存知でしょうか?

その方法とは「蒸しタオル」美容法。

過去、テレビのCMでこの美容法を見たことがある、という方もおられるかも知れませんね。

蒸しタオル美容法の実践方法は、とても簡単です。

まずは、フェイスタオルを水で湿らせ、固く絞ります。

フェイスタオルは、柔らかく、ボリューム感のあるものを選ぶと良いです。

自分のお気に入りのフェイスタオルを使ってもいいですね。

絞ったフェイスタオルをラップで包み、電子レンジに入れてチンしましょう。

温める時間の目安は、大体40秒から1分位。

電子レンジからタオルを出したら、腕の内側など、皮膚の柔らかい部分に少し当てて、熱さを確認しましょう。

直接顔に当ててしまうと、ヤケドなどの恐れが出てしまいます。

タオルの熱さがおさまったら、顔に乗せます。

メイクをしていても、そのまま乗せてみましょう。

じわっと熱が顔に広がっていくのがわかるかと思います。

しばらくの時間、そのまま顔にタオルを乗せておきます。

タオルの温度が下がり、冷たくなってきたかな?と思った時にタオルを外しましょう。

顔の毛穴がしっかり開いているはず。

その状態で、いつものクレンジングと洗顔を行います。

毛穴が開いている状態なので、普段よりもしっかりと汚れを落とすことが出来ますよ。

ここで注意をして欲しいのが、蒸しタオル美容法を行い、洗顔が終わった後はしっかりと「毛穴を閉める」作業を行うこと。

冷たい水で毛穴を引き締める、とか、収れん化粧水で毛穴をしっかり閉じる、ということをしましょう。

毛穴が開きっぱなしだと、細菌が侵入しやすくなり、炎症などが起こってしまうかも知れません。

蒸しタオル美容法は、毛穴の汚れを落とすだけではありません。

血行が促進されるので、目の下のクマや、顔のくすみを解消する効果があります。

また、蒸気によって乾燥肌をしっとりさせることが出来ますし、タオルの温かさと柔らかさでリラックスも出来ます。

タオルにアロマオイルを垂らすなどすれば、更にリラックスが出来そうですね。

週末、疲れ気味になった時、是非蒸しタオル美容法で毛穴も心もデトックスしてみて下さいね!

毛穴が引き締まる氷マッサージの方法と注意点

毛穴に溜まっている皮脂や角栓、黒ずみを取る。

これは毛穴ケアのメインであり、とても重要なもの。

しかし、毛穴が開いたままだと、それは細菌の侵入を歓迎しているのと同じです。

きれいに汚れを取り去った後の毛穴を、しっかりと閉じなければいけません。

ご自宅でスキンケアをされる場合「収れん化粧水」というものがあれば、それを使うことでしっかりと毛穴を閉じることが出来るのですが、そういうものが無くても、あるものを使えばしっかりと毛穴を閉じることが可能なのです。

その「あるもの」とは、「氷」のこと。

皮膚を氷でマッサージすれば、毛穴をしっかりと閉じることが可能なのです。

氷マッサージの方法は…。

まず、メイクをしっかりとクレンジング剤で落とし、それから、洗顔フォームを使ってぬるま湯で洗顔を丁寧に行います。

洗顔フォームはしっかり泡立てて、肌に負担の無いように、優しく洗って下さい。

次に、氷をガーゼかタオルで包みましょう。

氷は、マッサージしやすい大きさのものを選んで下さいね。

皮脂の多いTゾーンから順番に、皮脂の少ない頬までの部分を、氷を軽くお肌に押し当てるような感じでマッサージを行います。

顔全体をマッサージし終えたら、そのまますぐに通常のスキンケアに移りましょう。

保湿を意識的に行うのがポイントです。

こうすることで、毛穴がしっかり閉じるだけではなく、氷の冷たさで血行が促進され、お肌のターンオーバーも促すことが出来ます。

また、氷によって皮脂を取る効果もあるので、オイリー肌の方が皮脂をコントロールするのにも役立ちそうですね。

注意点としては、氷は軟水のミネラルウォーターを使用して作ること。

水道水には塩素が含まれているので、お肌に刺激を与えてしまいます。

また、同じミネラルウォーターでも、硬水は肌の乾燥などを招く可能性があるので、使用を避けた方が良いです。

そして、マッサージを行う際は、強くこすらない。ニキビのある部分には氷を当てない、ということ。

どちらも炎症など、毛穴のトラブルを起こしてしまうことがあります。

これらの注意点を守って、氷マッサージを、日々のスキンケアに取り入れてみて下さいね。

きっとあなたのお肌が変わるはずです。

たるみ毛穴の原因と解決方法

毛穴が開いてしまう原因というものは、実はひとつではありません。

紫外線による肌へのダメージ、皮脂の過剰分泌、ニキビ(吹き出物)…、そして、「たるみ」です。

紫外線や皮脂の分泌、ニキビについては、スキンケアにあまり詳しく無い方でも、幾つかの対策方法がすぐに浮かぶのではないかと思います。

しかし、「たるみ」というものは、一体何者なのでしょうか?また、どのようにケアをしていけば良いのでしょうか?

たるみというものは、加齢によって起こります。

加齢によって皮膚や毛穴が引っ張られてたるんでしまいます。

毛穴がたるみ、開いた状態になっているのを「たるみ毛穴」といいます。

通常、開いた毛穴は丸い形をしていますが、このたるみ毛穴は、皮膚が引っ張られている状態で起こっているので、毛穴の形が楕円形になっています。

年齢を重ねていくと、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といったものが少しずつ減少していきます。

これらの成分は皮膚の土台を支えている大切なもの。

これが減っていくと、皮膚の土台が崩れていくのですが、この現象が「たるみ」なのです。

皮膚が崩れ、ゆがむことで起きる「たるみ」。当然毛穴もゆがみ、くずれていく中でたるんでいく、というわけなのです。

この状態をそのまま放置しておくと、状態は更に悪くなり、「帯状毛穴」というものになってしまいます。

たるみ毛穴が連結し、シワになってしまうのです。

そうならないためにも、毎日のこまめなケアが必要になってきます。

たるみ毛穴を改善するためには、お肌の潤いを保つことが必須です。

先ほど書きましたコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを積極的に補っていきましょう。

コラーゲンなどは食事で補うことが出来ますよね。

サプリメントに頼るのも良いでしょう。

スキンケアでは、保湿により意識を向けて行ってみて下さい。

また、お肌のターンオーバー機能を低下させないことも重要。

バランスの取れた食事で、内側からターンオーバー機能を活性化させましょう。

加齢による変化は、やはりどうしてもあります。

けれど、こまめにケアを行うことで、その変化を緩やかにさせることが出来ます。

たるみ毛穴を防ぐために、毎日積極的にケアを行っていきましょう。

毛穴パックの正しい使い方と頻度について

毛穴のケアを行う際、しつこい角栓を一網打尽に出来る優秀なアイテム、「パック」。

毛穴からきれいに角栓が取れた時には、ちょっと感動をしてしまいます。

そんなパックですが、正しい使用方法を知っておかないと、かえってお肌に良くない、ということになります。

毛穴パックは、どんな風に使えば良いのでしょうか?

パック、特に小鼻の汚れを取るような、貼って剥がすタイプのシート状のパック。

これは、強力に角栓を取ってくれる優れものなのですが、このパックは「スペシャルケア用」と考えておきましょう。

いくら角栓がよく取れるからと言って、毎日使っていると、皮脂が「鼻に角栓が無い!」と勘違いして、皮脂をより過剰に分泌してしまいかねません。

毎日使用をすると毛穴も大きく広がってしまうので、より毛穴の目立つ鼻になってしまう、ということになります。

月に1度使う程度にとどめておくのが良いでしょう。

毛穴パックを使用する際は、事前に蒸しタオルや入浴などで、毛穴を開いておくと良いです。

肌を柔らかくし、角栓を取りやすい状態にしておくのです。

化粧水などは付けず、肌を水で湿らせてパックを貼ります。

使用説明書に従って少し待った後、ゆっくりとパックを剥がしていきましょう。

素早くベリっと剥がしてしまうと、皮脂はうまく取れません。

じれったくなりますが、とてもゆっくり剥がした方がしっかり角栓を取ることが出来るのです。

剥がした後は、水で洗って、その後化粧水などでケアを行っていきます。

このアフターケアがとても重要。

なぜなら、パックをした後の毛穴は、角栓が抜けて、穴がぽっかりと空いた状態になっています。

毛穴が開いたままだと、細菌などの侵入を許してしまう、ということになるので、冷たい水や、または「収れん化粧水」と呼ばれる、毛穴の引き締め効果があるものを使用して、しっかり毛穴を閉じておくと良いでしょう。

毛穴をしっかり閉じた後は、通常使用している化粧水や乳液などを使い、ケアをしていきます。

角質が取れた状態でもあるので、保湿は意識してタップリと行いましょう。

パックは、使用方法を守れば、毛穴ケアの強い味方となります!

賢く使って、毛穴レスのお肌を手に入れましょう!

イチゴ鼻ってなんですか?

スキンケアをしたいと思い、インターネットなどで検索をしてみると、「イチゴ鼻」という語句をよく見かけます。

この「イチゴ鼻」というものは、一体どんな状態を表すものなのでしょうか?

イチゴ鼻というのは、鼻が真っ赤になっている…ということではなく、「鼻の毛穴に皮脂が詰まり、それが『イチゴの種』のようにビッシリと詰まっている状態」を指すのです。

イチゴの色ではなく、皮脂の様子を種に例えた表現なんですね。

語句の印象としては、可愛い雰囲気がありますが、スキンケアとしては良くない状態…。

どうして鼻は皮脂が詰まりやすいのでしょうか?

実は、鼻という箇所は、皮脂の分泌がとても多いところなのです。

皮脂の分泌が多いだけに、こまめなケアが必要なのですが、そのケアを怠っていたり、ケアの方法を間違えていたりするために、「イチゴ鼻」になってしまうのです。

イチゴ鼻を何とかしたい、と思って、必死に洗顔をしたり、こまめにパックをしたりする方もいるようなのですが、それは間違い。

正しいケア方法を知っておかないと、イチゴ鼻はますます悪化するばかりなのです。

イチゴ鼻になってしまった時、毛穴から角栓や皮脂を爪などで押し出す人がいますが、これは絶対に止めて下さい。

毛穴や、毛穴周辺を強く押すようなことをすると、傷がついてしまいます。

そうなると、細菌が入ってしまい、ニキビの原因となってしまうのです。

ニキビ痕が出来るだけでなく、もしニキビが潰れた場合、クレーターのような形のニキビ痕が残ってしまうのです。

また、毛穴パックも、あまり頻繁に行うと毛穴を広げてしまいます。

鼻の周りの角質が厚くなり、角栓を溜め込みやすい毛穴になってしまうので、パックを使う頻度は少ない方が良いでしょう。

イチゴ鼻を解消するには、毎日のこまめなケアが必要です。

メイクをしっかり落として、毛穴に汚れを残さない。

保湿をしっかり行う。

これだけでも、かなりイチゴ鼻は改善します。

あまりに酷い場合は、ピーリング効果のある石鹸や洗顔フォームなどを使用して、お肌の状態をリセットしてみましょう。

優しくこまめなケアで、脱・イチゴ鼻を目指しましょうね!

毛穴対策に良い食べ物・悪い食べ物

毛穴の開きには、様々な原因が考えられます。

日焼けなどの外的要因もあるのですが、暴飲暴食なども、毛穴を目立たせてしまう要因となってしまうので注意が必要です。

毛穴の開きを助長してしまうような、そんな食べ物はあるのでしょうか?

冒頭では、暴飲暴食が毛穴には良くない、と書きましたが、正しくは「糖質や脂質の多い食事」が毛穴には良くないのです。

糖質・脂質の多い食事をしていると、余分な皮脂が出てしまいます。

その余分な皮脂は、毛穴に詰まってしまいます。

皮脂によって毛穴が押し広げられてしまうので、毛穴が目立ってしまう、という結果になってしまうのです。

具体的な例を挙げると、ポテトチップスなどのスナック菓子、揚げ物などの油の多い食べ物は、皮脂を過剰分泌させてしまいます。

また、アルコールもお肌によくありません。

ビールや日本酒には、糖質が多く含まれています。

糖質を分解するのにビタミンB1を多く消費してしまうのす。

ビタミンB1は、肌荒れに有効なビタミン、ということはよく知られていますよね。

毛穴をケアしたい場合、揚げ物やお酒などは避けた方が良さそうです。

毛穴にとって、皮脂の過剰分泌が良くないので、皮脂の働きを正常にするため、ビタミンB1を多く含んだ食品を取る必要があります。

ビタミンB1を多く含んでいる食品は、豚肉・たらこ・ゴマ・玄米などです。

これらを食べることで、皮脂の分泌が徐々に正常化し、毛穴へのケアも行える、ということになります。

ビタミンB1と併せて積極的に取って行きたいのは、ビタミンCです。

抗酸化作用もある、スキンケアを考える時には外せない、重要な栄養素ですよね。

ビタミンCが多く含まれている食品は、赤ピーマン、黄ピーマン、ゆず、アセロラジュース、それからレモン。

ビタミンCは、シミの元であるメラニン色素を抑える働きもありますので、毛穴ケアとスキンケアの両方を行うことが出来ます。

上記の食品を意識して摂ると、毛穴レスに一歩近づくことが出来そうですね。

バランスが良く、糖質・脂質を控えめにした食事。

これが毛穴対策に一番効く「特効薬」なのかも知れませんね。